スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイスチャット補助 リファレンス


フェイスチャット補助プラグイン (Ver 1.20 2016/2/24)


はじめに
 このプラグインはマップから任意のコモンイベントを呼び出すことを可能にし、さらにフェイスチャット編集に役立つプラグインコマンドを提供します。顔グラフィックの描画にはピクチャ番号10~17を使用しますので、競合には注意して下さい。また、フキダシアイコンとサイドビューステートの描画機能を利用する場合は、ピクチャ番号18~25も使用します。


ダウンロード
 ↓下記紹介記事の最後にダウンロードリンクがあります。
 http://respawnfromhere.blog.fc2.com/blog-entry-8.html


操作方法
・キーボード
  [Q][W]キー: 実行可能なフェイスチャットの切り替え
  [C]キー: フェイスチャットの実行

・ゲームパッド(Xinput対応コントローラ)
  [LB][RB]ボタン: 実行可能なフェイスチャットの切り替え
  [BACK]ボタン: フェイスチャットの実行

・マウス(スマートフォン)
 チャットお知らせウィンドウをクリック(タッチ):フェイスチャットの実行
 ※クリックやタッチによるフェイスチャット切り替えは未実装です


パラメータ一覧
xywidth
typeIconNumber[C]color
MsgWindowHeightChangeTone





プラグインコマンド一覧
addFaceChatdeleteFaceChatFaceChatWindow Hide
FaceChatWindow ShowFaceChat ReadyFaceChat Finish
FaceChat addFaceFaceChat ChangeFaceFaceChat Emphasize
FaceChat RelativeMoveFaceChat StartBalloonFaceChat StartState




FaceChat EndBalloonAndState



パラメータ




 x

 フェイスチャットお知らせウィンドウを表示するx座標を変更します。




 y

 フェイスチャットお知らせウィンドウを表示するy座標を変更します。




 width

 フェイスチャットお知らせウィンドウの横幅を変更します。




 type

 フェイスチャットお知らせウィンドウのウィンドウタイプを変更します。

  0 : 通常ウィンドウ
   0.png

  1 : 黒背景ウィンドウ
   1.png

  2 : 透明ウィンドウ
   2.png





 IconNumber

 フェイスチャットお知らせウィンドウの先頭に描画するアイコンの番号を変更します。0を指定した場合はアイコンの描画を行わず、テキストで"[C]"と描画されます。

  0 : [C]と描画
   iconnashi.png

  1~ : 番号に対応するアイコンを描画
   iconari.png





 [C]color

 フェイスチャットお知らせウィンドウの先頭に描画する"[C]"の描画色を変更します。システムカラーに対応する数値を入力して下さい。このパラメータは、アイコン描画を行う場合には無視されます。




 MsgWindowHeight

 顔グラ表示のレイアウト計算に使用するメッセージウィンドウの高さを直接指定します。空文字を指定すると、メッセージウィンドウの高さを自動的に取得して計算に使用します。このパラメータは、メッセージウィンドウの上部にネームプレートを表示している場合などに役立ちます。プラグインでメッセージウィンドウまわりを弄っているため顔グラの表示位置を調節したいという場合は、メッセージウィンドウの高さを直接入力してください。




 ChangeTone

 FaceChat Ready実行時に画面の色調変更を行うかどうかを指定することができます。
  true : 色調変更(暗転)を行う
  false : 色調変更(暗転)を行わない







プラグインコマンド




 addFaceChat args1 args2

 実行可能なフェイスチャット(コモンイベント)を追加し、フェイスチャットお知らせウィンドウに表示します。表示されるチャットタイトルは、コモンイベントの名前がそのまま採用されます。実行を終えたイベントは、自動的にフェイスチャットお知らせウィンドウから削除されます。

  ・ args1
    追加するコモンイベント番号を指定します。
  ・ args2
    優先度を数値で指定します。この値の大きい順に、
    フェイスチャットお知らせウィンドウに表示されるようになります。

【注意】(2016/9/13追記)
addFaceコマンドを連続で使用する際は、間に1フレームのウェイトを挟むことを強く推奨致します。挟まない場合、誤ってpictureフォルダから画像をロードしてしまい、エラーが出てしまう可能性があることを確認しています。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

face.png





 deleteFaceChat args1

 既に追加されているフェイスチャットを削除し、フェイスチャットお知らせウィンドウへの表示を取り下げます。

  ・ args1
    削除するコモンイベント番号を指定します。    





 FaceChatWindow Hide

 フェイスチャットお知らせウィンドウを非表示にし、フェイスチャットを実行不可にします。※イベント実行時やマップ画面以外では、このコマンドを使わなくても自動的に非表示になります。





 FaceChatWindow Show

 非表示になっているフェイスチャットお知らせウィンドウを表示状態にし、フェイスチャットを実行可能にします。





 FaceChat Ready

 画面を少し暗転させ、画面上部にフェイスチャットタイトルを描画します。コモンイベント中の一番最初に実行して下さい。





 FaceChat Finish

 画面の暗転を戻し、画面上部のタイトル表示を元に戻します。コモンイベント中の一番最後に実行して下さい。フェイスチャット補助プラグインのプラグインコマンドを利用して描画した顔グラフィック、フキダシアイコン、サイドビューステートは、このコマンドですべて削除されます。





 FaceChat addFace args1 args2 args3 args4

 レイアウトを自動計算し、画面上に顔グラフィックを描画します。最大8人まで指定が可能です。このコマンドで描画した顔グラフィックは、ピクチャ番号10から17まで順に格納(コマンドを実行した順ではなくargs4で指定する表示順で格納)されるため、イベントコマンドからの操作も可能になります。

  ・ args1
    img/facesに入っているファイルのファイル名を指定します。 
    「.png」は付けずに入力して下さい。
  ・ args2
    args1で指定したファイルの8つの顔グラのうち、
    どの顔グラを使用するか指定します。
    数値は1段目左上から右上に向かって順に1,2,3,4、
    2段目左下から右下に向かって5,6,7,8、のように対応しています。
  ・ args3
    チャットを行う人数を数値で指定して下さい(最大8まで)。
    この値によってレイアウトが自動計算されます。
    例えば、3人用のレイアウトにしたい場合は3を入力します。
  ・ args4
    顔グラを画面上の何番目に表示するかを指定します。
    順番は1段目左上から右上、2段目左下から右下、の順になります。
    例えば8人用レイアウトで1を指定すると一番左上に表示され、
    7を指定すると一番右下からひとつ左に表示されます。
    args3で指定した数値を越えないように注意して下さい。
    また、以降のコマンドで顔グラを指定する際は、
    ピクチャ番号ではなくここで指定した表示順を使用します。


コマンド例)
 ・ Actor1.pngの左上から2番目の顔グラを、5人用レイアウトで3番目に表示。
    FaceChat addFace Actor1 2 5 3





 FaceChat ChangeFace args1 args2 args3

 既に表示されている顔グラフィックを別の顔グラフィックに変更します。座標、拡大率、不透明度、合成方法は、変更前の顔グラフィックの情報をそのまま引き継ぎます。

  ・ args1
    img/facesに入っているファイルのファイル名を指定します。 
    「.png」は付けずに入力して下さい。
  ・ args2
    args1で指定したファイルの8つの顔グラのうち、
    どの顔グラを使用するか指定します。
    数値は1段目左上から右上に向かって順に1,2,3,4、
    2段目左下から右下に向かって5,6,7,8、のように対応しています。
  ・ args3
    どの顔グラを変更するかを指定します。
    addFaceコマンドのargs4で指定した表示順に対応する数値を用いて下さい。





 FaceChat Emphasize args1

 既に表示されている顔グラフィック1枚を強調表示します。指定した顔グラフィックが少し拡大され、それ以外の顔グラフィックが少し暗転します。キャラクターが台詞を喋る(メッセージを入力する)直前などで利用すると便利です。顔グラフィックの移動は停止するため、ピクチャ移動中に実行しないよう注意して下さい。

  ・ args1
    どの顔グラを強調表示するかを指定します。
    addFaceコマンドのargs4で指定した表示順に対応する数値を用いて下さい。
    OFF を指定すると、強調表示を元に戻します。
    (全ての顔グラの拡大と色調変化が元に戻ります)






 FaceChat RelativeMove args1 args2 args3 args4 args5

 既に表示されている顔グラフィックを移動させます。座標は絶対座標(画面上のx,y)ではなく相対座標(このピクチャを現在地点からx+10、y-10)で指定することができます。

  ・ args1
    どの顔グラを移動させるかを指定します。
    addFaceコマンドのargs4で指定した表示順に対応する数値を用いて下さい。
  ・ args2
    顔グラのx方向への移動距離(ピクセル)を指定して下さい。
    左方向で-符号は必要ですが、右方向で+符号は付けないで下さい。
  ・ args3
    顔グラのy方向への移動距離(ピクセル)を指定して下さい。
    上方向で-符号は必要ですが、下方向で+符号は付けないで下さい。
  ・ args4
    移動にかけるフレーム数を指定して下さい。
  ・ args5
    args4で指定したフレーム分のウェイトを行うか指定して下さい。
    true: ウェイトを行う。
    false: ウェイトを行わない。





 FaceChat StartBalloon args1 args2

 既に表示されている顔グラフィックの上部にフキダシアイコンを描画します。既にフキダシアイコンまたはサイドビューステートが描画されている場合は、新しく指定した内容に上書きします。表示中に対象となる顔グラフィックが移動した場合は、フキダシアイコンも自動的に追尾します。ひとつの顔グラフィックにフキダシアイコンとサイドビューステート両方を描画することはできず、どちらか一方になります。また、このコマンドで描画したフキダシアイコンは、ピクチャ番号18から25まで順に格納(コマンドを実行した順ではなくargs1で指定する表示順で格納)されます。

  ・ args1
    どの顔グラにフキダシアイコンを描画するか指定します。
    addFaceコマンドのargs4で指定した表示順に対応する数値を用いて下さい。
  ・ args2
    どのフキダシアイコンを描画するか指定します。
    img/systemのBalloon.pngの上から順に、1~15の数字に対応しています。


<balloon.png






 FaceChat StartState args1 args2

 既に表示されている顔グラフィックの上部にサイドビューステートを描画します。既にフキダシアイコンまたはサイドビューステートが描画されている場合は、新しく指定した内容に上書きします。表示中に対象となる顔グラフィックが移動した場合は、サイドビューステートも自動的に追尾します。ひとつの顔グラフィックにフキダシアイコンとサイドビューステート両方を描画することはできず、どちらか一方になります。また、このコマンドで描画したサイドビューステートは、ピクチャ番号18から25まで順に格納(コマンドを実行した順ではなくargs1で指定する表示順で格納)されます。

  ・ args1
    どの顔グラにサイドビューステートを描画するか指定します。
    addFaceコマンドのargs4で指定した表示順に対応する数値を用いて下さい。
  ・ args2
    どのサイドビューステートを描画するか指定します。
    img/systemのStates.pngの上から順に、1~10の数字に対応しています。


state.png






 FaceChat EndBalloonAndState args1

 指定した顔グラフィックの上部に描画されているフキダシアイコンまたはサイドビューステートの描画を終了します。このコマンドで描画を終了させるかFinishコマンドで削除されるまでは、フキダシアイコンまたはサイドビューステートは描画され続けます(イベントコマンドのピクチャの消去で対象となる顔グラフィックを削除した場合も描画は終了します)。

  ・ args1
    どの顔グラに表示されているフキダシアイコンまたは
    サイドビューステートを描画終了させるのか指定します。
    addFaceコマンドのargs4で指定した表示順に対応する数値を用いて下さい。






 バグ報告、要望、使い方に関する質問などありましたら、この記事のコメントまたはTwitterにてお気軽にご質問ください。全てのご意見に対応できるというお約束はできませんが、可能な限り対応させていただきたいと思います。


Ver 1.20 最終更新 2016/2/24
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Naoya

Author:Naoya
ツクールでゲーム作る計画を進めている人。あとクオリティ低いけど地味にドット絵も打ちます。そんでプラグイン開発もやるらしいです。
Twitter: @ibakip

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
twitter
アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。