スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログについて

・2015/10/31
製作したゲーム用の素材などを配布するためにブログを設立。

【素材利用規約】
・ 当ブログで配布された素材は改変・再配布などご自由に使用して頂いて構いません。
・ フリー・商用問わずどなたでもご利用いただけます。
 (ただしダウンロードしたそのままのものを販売する行為は禁止とします)
・ 利用報告やクレジット表記は不要ですが、していただけると僕が喜びます。
・ 素材によって一部規約が異なる場合がございます。
  その場合は各素材紹介記事内にて明記致しますので、必ずご確認ください。

規約は予告なく変更される可能性がございます。予めご了承いただけると幸いです。

【プラグイン素材】
 ○ 常駐ウィンドウ Ver 1.21
 ○ 武器グラフィック設定拡張 Ver 1.01
 ○ フェイスチャット補助 Ver 1.21
   ※ リファレンス (パラメータやコマンドなどの説明)

【キャラチップ素材】
 ○ 騎士

【武器画像素材】
 ○ デッキブラシ

【キャラクター生成対応素材】
 ○ スクール水着

※ 最終更新 2016/5/23
スポンサーサイト

対戦ゲームにおける開発と一般プレイヤーのレベル差

今回はアルバイト先でのちょっとした発見を紹介しようかなと思います。

僕がとあるゲーム会社のアルバイトに通ったという話は前回の記事で紹介しました。
実は今、とある対戦ゲーム開発のバランス調整を間近で見られる環境にいるんです。

その開発室でたびたび話題になるのが、世間の一般プレイヤーのレベルが低いということです。
大会動画などがネットに上がっても、「なんでこれで優勝できるんだ?」という声が開発からよくもれています。
(僕はそのゲームの初心者なので最初は「これってレベル低いんだ…」となかば半信半疑でそれを聞いていましたが)

そのゲームでなぜ世間のプレイヤーのレベルが低いのか……理由はあるにはあるんですが、あくまでターゲット層から考えた予想なので、それは今回は置いておきます。

ジャンル問わず対戦ゲームを遊んだことのある方、開発に対してこんな不満を抱いたことはありませんか?
「バランス悪すぎだろ」
「このキャラぶっ壊れじゃん」
「この仕様もうちょっとなんとかならなかったのか」
もちろん僕もあります。
しかし、今回アルバイト先で見聞きしたことによって、一方的に開発の不手際だと決めつけることはできなくなりました。
なぜなら、実は落ち度がプレイヤー側にある可能性が100%否定できなくなったからです。

僕がバランス調整を間近で見ているその対戦ゲームに関して言えば、開発室の人達が日本で最強です。
何を根拠にと思われるかもしれませんが、世間で強いと言われているキャラや戦術が開発室では余裕でメタれているのが何よりの証拠になると思います。
世間の大会で優勝したキャラや戦術をまるまるコピーしたものを開発室の環境に持ち込んだらボコボコにされて全く通用しなかった、というエピソードもあります。

キャラにある程度ランク差や相性差はあるものの、このゲーム、開発室では見事にバランスが取れているんです。
世間がバランス悪いと感じてしまうのは、なんとプレイヤーが開発室のレベルに追いつけてなかったからだったんです。


いや、別に世間の対戦ゲームプレイヤーを煽りたくてこんな記事を書いた訳ではなくてですね。
このエピソード、個人的には目から鱗だったというか、かなり面白い経験だったので是非紹介したいなーと思って書いたんです。

もちろん世間が追いついてきてくれないからって「世間のプレイヤークソだな」とバランス調整を投げてしまっては、もう最悪の開発チームですよね。そんなところは廃れて潰れる一方でしょう。
僕が今見ている開発室はそんなにひねくれてないです。
ユーザをバカにするんじゃなく、じゃあどの程度までキャラの性能を上げ下げしたら世間のレベル帯でバランスが取れるのか、ということを日々検討してます。
初めて見た業界内の実情なので他と比較することはできませんが、とても良心的な制作チームだなーと感じます。
なんの対戦ゲームか、どこの会社なのかを言えないのがもどかしいですが。


今日の記事は以上です。
本当にテストプレイ不足でバランスが悪いゲームもあるにはあると思いますが、皆さんも対戦ゲームでバランスに不満が出たときはこの記事のことを思い出して、少しでも制作チームに対するヘイトを和らげてみてはいかがでしょう?
最後のまとめが若干意味不明になった気がしますが、ともかく今回はここまで!

アルバイトが決まったお話

ツイッターのプロフィール欄に堂々と就活失敗勢であることを載せている僕。
入れないなら自分でゲーム作ってやるぜ!とは言うものの、とりあえずの収入源がないとどうしようもない(現実って厳しい)。

ということで、早速アルバイトに応募して合格してきました!
ゲーム好きの人なら名前知ってる人結構多いんじゃないかなー、
ってくらい有名なゲーム会社です。

わりと特殊なアルバイトなので何をやるかとか一切言えませんが、とにかく僕の今後の活動に役立てることができそうな仕事です。

元々コンビニとか居酒屋とか、一般的なアルバイトはするつもりがなかったので、
少しでも好きなものに近付けることになって本当に嬉しいです。

今回面接を行って感じたのは、あんまり着飾らずに全部正直にやりたいこととか考えてること喋るのが結果的に一番いいのかなーってことです。
自分の進路選択の失敗の話とか、就活失敗の話とか、今何を考えてここに来ているのか、とか、もういろんなことを洗いざらい全部話しました(笑)。
就活の時はなんとか内定取らなきゃ!って必死になってたのも事実ですし、そういうのが空回りしちゃった部分もあるのかもしれません。
これから何かの面接がある人は、よかったら参考にしてみてください。


何が書きたかったのかよく分からない感じになっちゃったけど……今回は私生活のお話でした。
今後もツクール関連の活動は頑張っていきますので、よろしくお願いします!

【ツクールMV】制作予定のゲームについて

現在制作しようとしているゲームについてです。

4月から新生活が始まって、身の回りのことが落ち着いてきたら本格的に制作に取り掛かろうと思ってます。


今作ろうとしているゲームのコンセプトは、
「LINE(のようなもの)を使って会話しながら進めるゲーム」
です。


ss.png


画面は試作してみただけの物なので、実際にはもっと画面構成やらキャラやらが変わると思います。
ちなみに上記スクショに使っている顔グラは、ツクールMV付属のものになります。

完全にLINEを使いたいだけというアイディア先行の企画なので、まだどんなゲームになるかはこれから煮詰めていきます。
(幻影異聞録#FEにめちゃくちゃ影響されてる)

最も望ましいのは、「キャラクター同士のLINEでの会話」というシステムがストーリーに活かされるようなゲームです。

現状の案では、互いに会話で情報を引き出しあって進める謎解きアドベンチャーのようなものが理想かなーと思ってます。

最初のゲーム企画に関しては、いろいろ詳細が固まり次第、twitter等で報告を行っていきたいと思います。


今回は以上です。
それではみなさん、良きツクールライフを!

今後の予定など……

今回はツクールの有用な情報とかないですよ!

なんとなく考えてる今後の予定などをメモ程度に書いてみようかなと……。
上から優先度の高い順ですね。

①ゲーム制作
もともとこれがやりたかった人なので、たぶん真っ先に手を出すと思います。
最初はあまり手の込んだものは作らず、できるだけ既存の素材などを利用して作れる範囲のものを目指したいですね。
プレイ時間もあまりかからずサクッと終わるのが、第一作としては理想かも。
3月頃から時間がとれると思うので、たぶんその時期からツイッターなどで試行錯誤の様子を呟きつつやると思います。

②ホームページ制作
これは最初のゲームが完成したタイミングで取り掛かると思います。
(もしかしたらそれより前にやるかも)
元々このブログは作った素材を公開するために急遽立てた場所なので、ちゃんとホームページを作ろうという構想は元々ありました。
素材もホームページに移した後に、ここは跡地として放置するか、それとも雑記を書き綴る場所にするのか、それはまだ検討中です。

③ツクールMVの素材制作
一番優先度低いけど、やらないって意味ではないです。
正確には、なにか良いネタ思いついたときにやる、ということです。
正直プラグインとか既に膨大な数のものが出回ってますし、それらと被らずに今から作れるものってどれだけあるのかよく分からないですしね。
ドット絵とかはもっと描いてみたいので、グラフィック系の素材は息抜き的にやる確率は高いです。


とりあえずメモ程度に。
プロフィール

Naoya

Author:Naoya
ツクールでゲーム作る計画を進めている人。あとクオリティ低いけど地味にドット絵も打ちます。そんでプラグイン開発もやるらしいです。
Twitter: @ibakip

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
twitter
アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。